牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 受け入れ枚数理論〈基本編〉「3つの最強パターン」

受け入れ枚数理論〈基本編〉「3つの最強パターン」

最速のテンパイになる捨て方が分かる基本編「3つの最強パターン」

さあ、あなたのツモ番です!

現在南4局。オーラス。

アガリトップです。

とにかく何でも良いのでアガればトップです。

しかし、相手もトップを守るため、最速のテンパイを組もうと手を進めています。

とにかく1巡でも早くテンパイを入れて、アガリ切りたい。

しかし相手も負けるわけには行かない。

勝負の結果は、ほんの1巡の差だった。

「次、ツモってたのに・・・」

「紙一重の差だったね」

麻雀を打つ方であれば、こんな状況は、よくお目にかかるのではないでしょうか。

結果は紙一重。

もちろん最善を尽くしても、必ず勝てるとは限りません。

紙一重の勝負は、勝ったり負けたりが常でしょう。

しかし、

「紙一重の勝負に、いつも勝てないなぁ」

「そういう、微差の勝負はあんまり得意じゃないなぁ」

「オレって、ちょっとツイてないんだよ」

という方はちょっと待ってください。

それって、単にツイていないだけなのでしょうか?

はじめまして。

私、麻雀プロの須藤と申します。(須藤って誰?という方はこちらをどうぞ。プロフィール

紙一重の上にいる人と、下にいる人を分ける原因の1つに、最速のテンパイを組む技術が挙げられます。

最速のテンパイを組む技術に、自信はありますか?

例えば、

  3万7万7万8万3筒5筒6筒7筒1索2索3索中中中  ドラ 中

今、1枚持ってきて、この状態です。

何を捨てますか?

ドラの 中 が暗刻の手。

役の心配もありませんから、とにかく早くテンパイさせたいところです。

ここで捨てる牌によって、テンパイするまでのスピードが全然違うのです。

それは、お分かりですよね。

いくつか候補はありますが、どれを捨てましょう。

ここで多くの一般の方は、直感で 「ホレ、いけー!」みたいなノリで捨てちゃうのではないでしょうか。

プロからすれば、ここから一番良い選択をすることは、それほど難しいことではありません。

それは「3つの最強パターン」を知っているから。

そのパターンに当てはめて、捨てる牌を決めているだけなのです。

この例で言えば、一番良い選択は、ズバリ 8万 切りです。

こうすれば、 1万2万3万4万5万7万1筒2筒3筒4筒5筒8筒 でテンパイできるのです。

これが、最もテンパイしやすい状態になります。

「3つの最強パターン」を知り、そのパターンに当てはめて、捨て牌を選ぶ。

これは、そんなに難しいことではありません。

しかし、一般的な麻雀戦術本では語られていないのも事実です。

そこで今回、「3つの最強パターン」をまとめたマニュアルを制作しました。

3つの最強パターンマニュアル

「3つの最強パターン」は、正確には「受け入れ枚数理論」と言います。

一発裏ドラがあろうが、競技麻雀だろうが、3人麻雀だろうが、どんなルールの麻雀でも、知っていれば必ず有利になる知識に「受け入れ枚数」というものがあるのです。

「受け入れ枚数」とは、手を進めることができる牌の枚数のこと。

要するに、「受け入れ枚数」が多ければテンパイしやすいということですね。

何を捨てたら一番「受け入れ枚数」が多くなるか。

これがパッと分かるようになると、テンパイするスピードが速くなるのです。

先手を取ってリーチで攻めたいとき。

最速のテンパイを組みたいとき。

何が何でもテンパイして連荘しなくてはならないとき。

そんなときに、この技術の差が、結果に大きな差をもたらします。

間違いなく上級者は、「受け入れ枚数」が多くなる打牌を意識しながら麻雀を打っています。

もっと言うと、意識しないでも「受け入れ枚数」が多くなる打牌を判断できているのです。

受け入れ枚数は、慣れてくるとパッと見ただけで

「これを捨てると一番受け入れ枚数が多い」と分かるようになってきます。

それは「受け入れ枚数が多くなるパターン」があるからなのです。

それが「3つの最強パターン」です。

何度も麻雀を打って、何度も反省し、どう捨てれば良かったのかを反復して「受け入れ枚数」を身に付けるのもいいでしょう。

しかし、それでは時間と労力がかかりすぎてしまいます。

それより「受け入れ枚数が多くなるパターン」を覚えてしまう方が、よっぽど早く「受け入れ枚数」を身につけることができるのです。

このマニュアルの内容の一部を紹介すると、

受け入れ枚数とは

受け入れ枚数を簡単に数える方法、その公式

3つの最強パターン

3つの最強パターンを分ける特徴とは?

受け入れ枚数が一番多くなる打牌を選ぶ方法とは?

パターンの見分け方を身に付ける方法

1秒で最速のテンパイになる捨て方が分かるようになる練習方法

などなど。

これらのことが全て身に付きます。

全88ページです。

さて、今回はマニュアルを2種類用意いたしました。

まずどんなものか知りたい方はこちら。全20ページ。

3つの最強パターン概要

1、概略を示したガイドブック
価格:2,000円
(消費税込み。送料・代引き手数料は無料です。)

こちらの商品をショッピングカートに入れる

※お支払いは、代引き・クレジットカード決済からお選びいただくことができます

こちらが完全版。全88ページ。
詳しい説明と解説のマニュアルです。

さらに、上記の「1、概略を示したガイドブック」が一緒に付きます。

3つの最強パターンマニュアル

2、基本編パッケージ
価格:10,000円
(消費税込み。送料・代引き手数料は無料です。)

こちらの商品をショッピングカートに入れる

※お支払いは、代引き・クレジットカード決済からお選びいただくことができます

ただし、あらかじめ言っておきます。

次のような方には、おすすめしません。

「これから麻雀を覚えよう」

そんな方が、ルールを覚えるためのマニュアルではありません。

そのような内容の麻雀入門書でしたら、本屋にいくらでも売っていますので、そちらをご購入ください。

本屋には初心者向けの麻雀入門書や、初級用の麻雀戦術本は豊富にありますので、ご自分に合った1冊を選ぶことができると思います。

本というのは売れないといけません。

高度な内容の本というのは売れにくいため、なかなか出版されないのです。

そんな状況でしたが、今はインターネットという便利なものができました。

これなら、売れる売れないを気にせず、高度な麻雀戦術も出して行けます。

私の出す麻雀戦術は、本屋では買えない、中級以上の方を対象にした麻雀戦術です。

ですので、「本屋で売られているレベルの麻雀戦術には満足できない」

そのような方のみ、お買い求めください。

まずどんなものか知りたい方はこちら。全20ページ。

3つの最強パターン概要

1、概略を示したガイドブック
価格:2,000円
(消費税込み。送料・代引き手数料は無料です。)

こちらの商品をショッピングカートに入れる

※お支払いは、代引き・クレジットカード決済からお選びいただくことができます

こちらが完全版。全88ページ。
詳しい説明と解説のマニュアルです。

さらに、上記の「1、概略を示したガイドブック」が一緒に付きます。

3つの最強パターンマニュアル

2、基本編パッケージ
価格:10,000円
(消費税込み。送料・代引き手数料は無料です。)

こちらの商品をショッピングカートに入れる

※お支払いは、代引き・クレジットカード決済からお選びいただくことができます

また、完全に極めたい方は、こちらから応用編とセットでもご購入いただけます。

全88ページの基本編パッケージ。全120ページの応用編パッケージ。

両方まとめてご注文の方は、こちらからどうぞ。

受け入れ枚数理論全マニュアル

受け入れ枚数理論
基本編パッケージ+応用編パッケージ
価格:20,000円
(消費税込み。送料・代引き手数料は無料です。)

こちらの商品をショッピングカートに入れる

※お支払いは、代引き・クレジットカード決済からお選びいただくことができます

麻将連合認定プロ
須藤 浩