麻雀プロの読みと思考

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 対局部門 > 麻雀競技マナー > 010.リンシャン牌を降ろしてドラ表示

010. リンシャン牌を降ろしてドラ表示

配牌から親の第1打の間にドラ表示をします。

そのドラ表示牌を開ける前に、リンシャン牌を降ろすようにしましょう。

というのは、ドラ表示牌を開けるときが最もリンシャン牌を落としやすいからです。

リンシャン牌はカンをすれば、必ず手に入れることができる牌です。

しかも、その牌でアガればリンシャンカイホウという役まで付くのです。

このようにゲームに大きな影響を及ぼす可能性がある牌なので、リンシャン牌には特に注意を払っているのです。

リンシャン牌を降ろす
まず、リンシャン牌を降ろしてから

ドラを表示する
ドラを表示します

ドラ表示悪い例
リンシャン牌を降ろす前にドラを表示するのは危険

また、ドラ表示牌を開けるタイミングですが、配牌の途中なるべく早い段階で開ける方が良いでしょう。

全部の配牌を取った後開けるのでは、自分が有利なようにドラを選ぶなんてズルも考えられてしまいます。

当然そんなことはしないのですが、早い段階でドラを開けておけば、相手にそんな気を使わせることもないですよね。

タイミングとしては、まず親が第1ブロック(4枚)を取ったら、開いたスペースを利用してリンシャン牌を降ろします。

次に、自分の第1ブロックを取り終え起こした後、他2人が第二ブロックを取っている間に、ドラ表示するとスムーズかと思います。

もちろん、ゲームをスムーズに進めることが優先です。

何かの都合でドラ表示が第3ブロックを取っている間になるかもしれませんが、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

麻雀競技マナー トップページに戻る