麻雀プロの読みと思考

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 対局部門 > 麻雀競技マナー > 022.テンパイ・ノーテン

022. テンパイ・ノーテン

流局時には、親から南・西・北家の順で、テンパイ・ノーテンの宣言をします。

これは、親はテンパイ連荘の権利があるため、他家のテンパイ・ノーテンによって親を流してしまいたいケースもありますね。

相手のテンパイ・ノーテンによって、連荘するかどうかを選べると特にラス親が有利になりすぎるので、親から宣言することになっています。

テンパイ者は手牌を理牌して公開し、ノーテン者は手牌を伏せます。

これによって誰がテンパイか一目瞭然となります。

すみやかにノーテン罰符を払い、次局に進みます。

止めたアタリ牌を見せたり、余計なおしゃべりはしないようにしましょう。

麻雀競技マナー トップページに戻る