麻雀プロの読みと思考

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 対局部門 > 麻雀競技マナー > 029.点差のできかた

029. 点差のできかた

オーラスを迎えて現在2着だとしましょう。トップは親で3800点差です。

さて、何点の手をアガれば逆転することができるでしょうか?

3800点差ですから、3900点以上の手が必要だというわけではないのです。

実は、もっと少ない点数でも逆転できます。

それは、直撃やツモアガリの場合です。

例えば、2000点を直撃すれば、自分が2000点増え、相手が2000点減りますから、2000+2000=4000点縮まるので、3800点差を逆転します。

また、700・1300のツモアガリなら、自分が2700点増え、親は1300点減るので、2700+1300=4000点縮まるので、やはり逆転です。

このように直撃やツモアガリなら、より安い点数でも逆転できるのです。

直撃でしたら、半分の点数で済みます。

また、下に掲載したPDFファイルは、ツモアガリをしたときに子・親とできる点差です。

【PDFファイル】 ツモアガリ点差表

例えば、300・500の手をツモアガったら、300と500を結んでいる線の先を見ます。

1400・1600とありますね。

これは子と1400点差、親と1600点差できるという意味です。

この点差表の30符・40符程度は覚えておくようにしましょう。

子と逆転するには点差を5で割る、親と逆転するには点差6で割るという計算方法を聞くことがありますが、これはズレるケースがあるので危険です。

一例ですが、親と2300点差の場合、6で割ると2300÷6=383.・・・なので、ちょっと上の400・700をツモればOKと出ます。

しかし、実際はPDFの表を見て分かるように、400・700では親と2200点しか縮まらないので、逆転できないのです。

最後に補足ですが、2000・4000のツモなら、子と10000点・親と12000点差が付くこと。

ノーテン罰符があるおかげで、

1人テンパイか3人テンパイなら、
テンパイ者とノーテン者の間に、4000点差(3000+1000)が、

2人テンパイなら、
テンパイ者とノーテン者の間に、3000点差(1500+1500)がつくことも覚えておきましょう。

麻雀競技マナー トップページに戻る