麻雀プロの読みと思考

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 対局部門 > 麻雀競技マナー > 025.スコアカードの記入

025. スコアカードの記入

ゲームが終了したら、スコアカードに成績を記入します。

記入は手が空いた人から順に記入します。

ただし、トップ者はなるべく最後に記入すると良いでしょう。

トップ者は、最後に合計が合っているかを確認する義務があるからです。

成績は1000点を1ポイントとした、30000点からのプラス・マイナスで小数点以下1ケタまできっちり記入します。

プラスは「+」のマークを、マイナスは「△」のマークを数字の前に入れます。

マイナスが「△」なのは「−1」と書いたときに、くっついて「+」に見えてしまうことや、簡単に「+」と書き直せてしまうことを避けるためです。

例えば、29600点なら「△0.4」、34200点なら「+4.2」です。

トップ者はプラスの合計と、マイナスの合計が合うことを確認して合っていたら全員に「合っています」と宣言してください。

「合っています」の宣言があったら、速やかに全員が「ありがとうございました」と終了の挨拶をします。

それまでは私語は謹んでください。

また終了の挨拶は、開始の挨拶と同様、他の作業をしながらではなく、必ずしっかりと感謝と敬意を表して挨拶してください。

終了の挨拶後、トップ者は順位点とその合計も記入し、合計のプラス・マイナスが同じであるかを確認してください。

麻雀競技マナー トップページに戻る