麻雀プロの読みと思考

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 対局部門 > 麻雀競技マナー > 027.その他の注意点

027. その他の注意点

●ゲーム中の私語は厳禁です。

流局時やアガリが出て点棒をやり取りしている間もゲーム中になります。

開始の挨拶から、終了の挨拶が終わるまでの間、全てがゲーム中なのです。

余計な言葉で、相手に余計な感情を与えないように注意しましょう。

ゲーム中に笑うのも不謹慎です。そんなつもりはなくても、バカにされたと思われてしまうことも考えられますので、慎みましょう。

●ゲーム中は手牌の音を立てないようにしましょう。

自分の手番でない時に手牌の右端などの2牌をガチャガチャ音立てる人がいますが、これは良くありません。

余計な音は相手の思考の邪魔になりますし、牌にキズが付く原因になります。

●フーロ(鳴くこと)のときも、フーロ牌を右の縁に音立ててぶつける人がいますが、これも同様に良くありません。

点棒を払う時も、音を立てずに受け渡ししましょう。

●うっかり牌をこぼしてしまうなどの粗相をしたときには「失礼しました」と一言あやまりましょう。

自分の手牌が見えてしまった場合も、自分だけが損をするわけでは無いのです。

その牌のせいでノーチャンスの牌ができ、捨てられる予定だった牌が捨てられない可能性もあるのですから。

この場合も一言「失礼しました」とあやまりましょう。

また、ただ口で「失礼しました」と言えば良いというわけではありません。

度重なるようでは、ゲームがメチャクチャになってしまいます。

見えるべきでない牌を見せてしまうということは、重大な罪なのです。

とんでもないことをしてしまったということを肝に銘じましょう。

●今まで丁寧な動作をするようには言ってきましたが、それ以外の部分では速やかな動作を心掛けましょう。

フーロ牌を持ってきて、右端に置いて、それから長考して切る牌を選んで・・・では、とても速やかな動作とは言えません。

フーロをするなら、取牌して打牌したのち、右端に置くようにしましょう。

4人で同じ時間を共有していることを忘れてはいけません。

麻雀競技マナー トップページに戻る