牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 002.ダブルメンツについて

002. ダブルメンツについて

ダブルメンツとは、2索2索3索3索のようにトイツが2つ連続した形のことを言います。

この2索2索3索3索は、2索3索2索3索というリャンメン2つと見ることもできますね。

このようにリャンメンが2つあると見ることができれば、一歩上達した証拠。アガリに向かうスピードがより早くなるでしょう。

ダブルメンツとは、1索4索の受け入れがダブっているという意味。

以前お話した二度受け(001.二度受けについて)と同じように、同じ牌を2回必要とするのです。

1回持ってくるだけでも結構大変なのに、2回も必要となるとさらに大変ですよね。

そのため手が整ってきて、どこかターツを捨てる場合は、ダブルメンツのうちの1つを捨てることがよくあります。

図1

3万3万4万4万3筒4筒4筒5筒6筒4索5索6索7索7索  ドラ 6索

例えば図1。3万3万4万4万がダブルメンツになっています。

ここからなら、3万4万を捨てる方が良いでしょう。

そうすれば、2万5万2筒5筒のリャンメン2種類を残すことができますね。

ちなみに、3万4万)や7索がコーツ(同じ牌3枚)になってもテンパイし、必ずリャンメン待ちが残ります。

図1からダブルメンツを残して3筒4筒を捨てると、リャンメンは2万5万の1種類だけになってしまいます。

その他に、3万4万7索がコーツになってもテンパイしますが、そのときにはシャンポン待ちが残ってしまうのです。

また、7索を捨てても、やはりリャンメンは2筒5筒の1種類だけです。

2万5万が来てもアタマが無くなってしまうのでテンパイしないですね。

そして、この場合も先に2筒5筒が来るとシャンポン待ちが残ってしまいます。

相手からリーチをされたときに、3万4万の両方が捨てられていると、「2万5万は捨てたところだから安全」と考えてしまいがちです。

しかし、ダブルメンツという形があることを知っていれば、安全ではないことが分かりますね。

■トイツが2つ連続した形のことをダブルメンツといいます。

■ダブルメンツはリャンメン待ち2つと見ることができます。

無料麻雀講座 トップページに戻る