牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 024.マンガンあるケース

024. マンガンあるケース

逆転するために、マンガンを作りなさいと言われたらどうしますか?

「どんな手がマンガンになるのか?」と言われても、パッとは分からないのではないでしょうか。

実は、これさえあればマンガンというパターンがあるのです。

マンガンを作るには、役4つが必要です(場ゾロを入れると6翻)。

4つも役を作るのは大変だと思われるかも知れません。

しかし、リーチをしてツモればそれだけで2翻ですから、あとは役を2つ作れば良いのです。

では、ここで狙って作りやすい、マンガンを見ていきましょう。

「リーチツモ+ドラが2枚」

もうそれだけで条件をクリアします(リーチツモドラ2)。

また、最後の手段でドラの単騎待ちでも、運良くツモればマンガンですね。

「リーチツモ+2翻役」

2翻役で、できやすいものは、やはりサンショクとイッツーです。

リーチツモにサンショクかイッツーがあれば、ドラが無くてもマンガンです。

その他の2翻役として、チャンタや三暗刻というケースもありますね。

「リーチツモ+1翻役を2つ」

リーチツモに、1翻役2つを作っても良いですね。

狙いやすい1翻役として、タンヤオ・役牌・イーペーコー・ドラがあり、これらを2つ組み合わせます。

タンヤオイーペーコー、タンヤオドラ1、役牌イーペーコー、役牌ドラ1、役牌2つ、イーペーコードラ1などの組み合わせができますね。

ただし、ピンフツモの場合は20符なので、役4つでは5200点。

チートイツの場合は25符なので、役4つでは6400点。

つまり、これらの場合だけは、役4つではマンガンにならないのです。

この2つ以外は、必ず最低30符(ほぼマンガンの7700点)になります。

■リーチツモに、あと2役作ればマンガンになります。

■ピンフツモ・チートイツは、役4つではマンガンになりません。

無料麻雀講座 トップページに戻る