牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 047.手替わりを待つかリーチか

047. 手替わりを待つかリーチか

手替わりがある手(1つ替われば役が増える手)をテンパイしたときに、そのままリーチをするか、高くなるまで待つか迷うことはありませんか。

そのような場合は、「アガリ牌より多くの手替わりがある場合は、リーチをしないで待つ」と覚えておくと良いでしょう。

例えば図1の手。

このままでは役が無いので、ロンアガリはできません。

しかし、この手は1つ替われば役が付く牌が、5種類もあるのです。

何が来れば役ありテンパイになるか分かりますか?

図1

1万2万2万3万3万4万1筒2筒3筒6筒6筒2索4索  ドラ 西

まず1万4万が来ればイーペーコーになります。

また4筒が来れば〈234〉のサンショク。

1索ならば〈123〉のサンショクです。

そして5索ならばピンフですね。

これだけ手替わりがあるのですから、リーチをせずに、手が替わるのを待つ方が良いでしょう。

図1からリーチをしてアガっても、ドラもないリーチのみにしかならず、あまり効果的ではありませんからね。

しかし、手替わりを待たずに、リーチをする場合もあります。

例えば図2。

図2

4万5万6万2筒2筒3筒4筒5筒6筒7筒3索4索5索  ドラ 4索

3万6万が入れ替われば〈345〉のサンショクになる手です。

しかし、手替わりは3万が来たときの1種類だけ。

一方、この時点でのアガリ牌は2筒5筒8筒の3種類です。

1種類の3万よりは、3種類ある2筒5筒8筒が先に来ることの方が多いでしょう。

さらに3万はツモって来なくては替えられませんが、2筒5筒8筒はツモでもロンでも良いのです。

また、図2は、前回(046.得点効率の良いリーチ)でお話しした得点効率が良いリーチにもなっています。

このように、手替わりよりもアガリ牌が多く、得点効率も良い場合は、手替わりを待たないでリーチをしても良いでしょう。

■手替わりが多い場合は、リーチをしない方が良いでしょう。

■手替わりよりアガリ牌の方が多いなら、リーチでも良いでしょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る