牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 055.30符・40符の点数

055. 30符・40符の点数

点数計算に慣れてきたら、今度は早く数えられるようになりたいですね。

何度も数えていると、同じ数字がよく出てくることに気付くと思います。

実際、30符40符を合わせても、親・子7つずつの数字しか出てこないのです。

これを覚えてしまえば、もっと早く点数を数えることができるようになります。

「子の30符・40符ベース」

早く計算するには、まず場ゾロを入れずに翻数を数えます。

そして、30符1役なら1000点から、40符1役なら1300点からと覚えてしまいましょう。

あとは、30符1000・2000・3900・7700(セン・ニセン・ザンク・ナナナナ)。

40符なら1300・2600・5200(イチサン・ニーロク・ゴーニー)。

この2つを、何度も繰り返して覚えます。

最初の1役目の点数さえ覚えてしまえば、後はほとんど倍ずつなのです。

「親の30符・40符ベース」

続いて親の点数です。子の約1.5倍の点数ですが、ここも覚えてしまいましょう。

30符1役は1500点から、40符1役は2000点からになります。

30符なら、1500・2900・5800・11600(イチゴー・ニーキュー・ゴッパー・イチイチロク)。

40符なら、2000・3900・7700(ニセン・ザンク・ナナナナ)。

ツモアガリのときも、2000点なら500・1000という具合に覚えてしまうと良いでしょう。

申告する順番は子・親の順です。(048.点数申告の仕方

こうして慣れてくると、すぐに点数が言えるようになります。

ただし、ここでお願いです。

他の人がアガったときに、点数が分かってもアガった人に数えさせてあげて下さい。

点数計算は、自分で数えないとなかなか上達しないですからね。

そこで間違っていたときに、初めて教えてあげるようにしましょう。

■まず30符・40符で1役なら何点かを覚えましょう。

■子の30符は1000点から、40符は1300点からです。

無料麻雀講座 トップページに戻る