牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 044.リーチの手順

044. リーチの手順

今回は、リーチの手順ついてお話します。

リーチは、次の手順でしますが、この順番にもちゃんとした意味があるのです。

1、リーチと発声する。

2、牌を横向きに、捨て牌をする。

3、リーチ棒(1000点)を捨て牌の前に置く。

さて、この手順でリーチをしなかった場合、何が起きてしまうでしょうか。

「1と2を逆にした場合」

たまに、普通に捨て牌をして、それから「やっぱりリーチしちゃえ」と、牌を横向きにする方を見かけます。

しかし、これはいけません。

リーチをして1巡以内でアガると、一発という役が付きますが、これはポン、チー、カンをされると消えてしまいますね。

ということは、普通に捨てておいて鳴かれなければリーチ、鳴かれたら次にリーチをして、一発を消されないようにしようと選ぶことができてしまうのです。

「2と3を逆にした場合」

リーチ宣言牌(リーチのときに捨てた牌)でロンされた場合、リーチ棒を出さなくてはいけないのですか、と聞かれることがよくあります。

リーチは、宣言牌でロンされなかったときに成立するので、この場合リーチ棒を出す必要は無いのです。

先にリーチ棒を出すと、成立しなかったときに、ひっこめなくてはなりませんし、間違って相手に取られてしまうかもしれません。

余計な動作はトラブルの元になってしまうので気を付けましょう。

また「通ればリーチ」という言葉を聞いたことがあるかも知れませんが、元々通らなければリーチではないのですから、余計なことは言わない方が良いでしょう。

■リーチはまず発声してから、牌を横向きして捨てます。

■リーチ棒はリーチ宣言牌でロンされなかったら出しましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る