牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 036.変化形の利用法

036. 変化形の利用法

以前、変化形と固定形というお話しをしました(003.変化形と固定形)。

変化形はタンキ待ちなので、待ちを自由に替えることができます。

そのため、攻めにも守りにも使うことができるのです。

今日は、その具体的な利用法についてお話します。

図1

3万4万5万2筒3筒4筒7筒8筒2索3索4索7索8索9索  ドラ 中

まず図1。

とりあえず7筒8筒)を捨てればテンパイです。

しかし、役が無いからと言って、タンキ待ちでリーチをするのはどうでしょう。

確かにロンアガリはできませんが、図1のようにメンツ(3枚1組)が全てシュンツ(順番の3枚1組)になっている場合、すぐにピンフにできるのです。

3万5万2筒4筒2索4索9索のどれが来てもピンフ)。

また2万が来れば〈234〉のサンショク、6索が来ればタンヤオになります。

これだけ手替りがあるのですから、やはりリーチはしない方が良いですね。(047.手替わりを待つかリーチか

図2

1万2万3万6万7万8万4筒4筒4筒1索1索1索7索8索  ドラ 8万

続いて図2。

普通の状況なら、固定形にする1索4筒)を捨てて、アガリ牌を多くする方が良いでしょう。

早い巡目ならリーチをしても構いません。

しかし、あと1回しか自分のツモ番が回ってこないような場合、7索8索とも安全ならば、7索を捨てて変化形にすると良いでしょう。

そうしておけば、最後のツモでドラなどを持ってきても、そのタンキ待ちにできるからです。

また、同じように役満のパオ(080.役満のパオ)になる牌があるような場合も、図2のように役無しテンパイならば、7索切りで変化形にする手もあります。

変化形と固定形のどちらにもできる場合は、持ってきて困る牌があれば変化形にしておく方が良いでしょう。

■タンキ待ちでも、全てシュンツならすぐにピンフにできます。

■持ってきて困る牌があるときは変化形にしておきましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る