牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 062.多メン待ち4

062. 多メン待ち4

さて、多メン待ちの7枚形もこれで最後になりました。

残るは4枚使い(同じ牌が4枚)の場合です。(全3種類)

2〜8の数牌が4枚あるときはあわててカンしないでも、暗刻と真ん中の牌1枚として使うことができるとお話ししました。(015.カンについて

さらに、4枚使いの部分が待ちになると、待ちが多くなることが多いのです。

4枚使いでも、待ち牌の探し方は今までと同じです。

3枚以上ある牌をアタマにした場合と、暗刻にした場合を調べます。

図19

2万2万2万2万3万4万4万     1万4万3万待ち

図19は2万をアタマにすると、残りが2万2万3万4万4万ですから、待ちは3万

次に2万を暗刻にすると、残りが2万3万4万4万ですから、待ちは1万4万

よって、図19の待ちは、1万4万3万とわかります。

同じように、図20と図21の待ち牌を考えてみましょう。

図20

2万3万3万3万3万4万5万     1万4万2万5万待ち

図21

2万2万3万3万3万3万4万     1万4万2万5万待ち

この4枚形、7枚形をパッと見て答えがわかるようにできると、かなり多メン待ちに強くなります。

何度でも繰り返し確認してみて下さい。

より複雑な、多面待ち全パターンを解説した戦術書、「多門張(タメンチャン)理論」は、こちらで紹介しています。

■2〜8の牌が4枚なら、暗刻と1枚に分けて考えてみましょう。

■4枚使いでも待ち牌の探し方は同じです。

無料麻雀講座 トップページに戻る