牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 014.鳴きの注意

014. 鳴きの注意

ポンやチーをすることを「鳴く」「食う」などと言います。(正式な用語では「副露(フーロ)」)

さて、鳴くと欲しい牌を確実に手に入れられます。

しかし、なんでも鳴いてしまうと手が安くなる、守りにくくなるなどという悪い点もあります。

また、鳴き方によっては、かえってアガリにくくなってしまうこともあるのです。

そこで、今日は鳴くときの注意点を3つ挙げます。

1つ目は「良い待ちになるところは鳴かない」ことです。

カンチャンなどの悪い形を鳴いて、リャンメンのような良い形を残すのが鳴きの基本です。

鳴きは非常手段くらいに考えて、なるべくメンゼンでがんばりましょう。

2つ目は「2つ鳴いたらテンパイしているようにする」ことです。

3つも鳴くと残りはたったの4枚。

これでは、リーチをされたときに守るのが難しくなってしまいますね。

「1つ鳴いたらいくつ鳴いても同じ」ではないのです。

3つ目は「鳴いたら何を捨てるか決めておく」ことです。

鳴いてから何を捨てるか悩んでいる方がいますが、あらかじめ決めておく方が良いでしょう。

そもそも鳴いてから悩むというのは捨てる候補が多いということ。

つまり、まだ鳴きが早すぎるということなのです。

図1

3万5万7万5筒6筒1索2索5索6索6索7索中中  ドラ 西

では、図1から鳴く方が良い牌には何があるでしょうか。

図1からでしたら、何が出ても鳴かない方が良さそうです。

〈567〉のサンショク狙いで7筒をチーしても、悪い形のペンチャンとカンチャンが残ってしまいます。

また中をポンしても何を捨てるか迷ってしまいますし、うまくいっても2000点にしかなりません。

それならば、中はサンショク狙いでアタマにするか、捨てていってタンヤオやピンフにした方が良さそうです。

■リャンメンなどの良い形は鳴かないようにしましょう。

■2つ目を鳴いたときにはテンパイしているようにしましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る