牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 059.多メン待ち1

059. 多メン待ち1

同じ種類の牌が多くなると、頭が混乱してしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、多メン待ちは“4枚形”“7枚形”という、いくつかのパターンでほとんど見分けることができるのです。

「この形はこの待ち」とパターンで覚えてしまえば、多メン待ちに強くなります。

4枚形とは、4枚でできる多メン待ちです。

図1、図2を覚えてしまいましょう。

図1

2万2万2万3万     1万4万3万待ち

図2

2万2万2万4万     3万4万待ち

7枚形は、これから数回に分けてお話ししていきます。

今日はまず4つです。

図3

2万3万4万5万6万東東     1万4万7万待ち

図3の待ち形は、5つの牌がピアノの鍵盤のように順番にならんでいるところから“ピアノ待ち”とも呼ばれています。

図4

1万2万3万4万5万6万7万     1万4万7万待ち

図5

2万3万4万4万5万6万7万     1万4万7万待ち

図6

2万2万2万3万4万東東     2万5万東待ち

より複雑な、多面待ち全パターンを解説した戦術書、「多門張(タメンチャン)理論」は、こちらで紹介しています。

■多メン待ちはいくつかのパターンに分けることができます。

■4枚形、7枚形を覚えてしまいましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る