牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 054.マンガン以上の点数

054. マンガン以上の点数

麻雀の点数は、1翻増えるごとに倍々になっていきます。

しかし、翻数が大きくなると、単に倍々していったのでは高くなりすぎてしまいます。

そこで、「子なら8000点(親は12000点)越えたら、点数を打ち切りにして、全て8000点(親は12000点)にしましょう」となりました。

それがマンガンルールです。

7翻あれば、基礎の20符だけでも8000点越えるので、マンガンになります。

しかし、7翻でも15翻でも同じ点数(マンガン)ではちょっと不公平ですよね。

そこで、現在はマンガン以上の点数も設けたのです。

図1

マンガン以上の点数

図1は、一番上が子の点数、下のカッコは親の点数です。

マンガン以上の点数は、翻数によってのみ決まります。

つまり、符がいくらあっても同じというわけですね。

ちなみに、「倍マン」とは「倍マンガン」の略。

つまりマンガンの2倍の点数がもらえるというわけです(8000×2=16000)。

「3倍マン」も同じですね。

最後に役満の点数は、翻数がいくらあってももらえません。

役満の手役でしかもらえないのです。それだけ役満は特別なものというわけですね。

(数え役満といって、ある翻数以上を役満とするところもあります)

■7翻あれば、符に関係なくマンガンになります。

■マンガン以上の点数は、翻数だけで決まります。

無料麻雀講座 トップページに戻る