牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 016.チートイツとトイトイの分岐点

016. チートイツとトイトイの分岐点

チートイツにするか、トイトイにするかは、結構迷うところだと思います。

その分岐点でどちらを狙えば良いのか、次の例から考えてみましょう。

図1

2万2万5万5万7万7万1筒1筒4索4索8索9索中  ドラ 中

まず図1。

ここから1筒をポンするのは、あまり良い手ではありません。

なぜなら、チートイツならイーシャンテン(あと1つでテンパイする状態)ですが、ポンしてしまうとリャンシャンテン(テンパイまであと2つ必要な状態)になってしまうからです。

また、ポンした後に残る部分は2万5万7万4索と真ん中の牌ばかり。

真ん中の牌は相手も必要とすることが多いので、簡単には出てきにくいですね。

しかも、うまくポンしていけたとしても、最後にはドラの中が余ってしまいます。

そして、アガリ点はトイトイのみの2000点か2600点にしかならないのです。

一方、チートイツならばドラを捨てずに使い切ることができますし、アガればチートイツドラ2で6400点。

また、持ち点が少なければ、ドラ待ちでリーチをしても良いでしょう。

うまいことツモれれば、ハネマンになるのです。

図2

4万4万4万1筒1筒3筒2索8索8索白白發發  ドラ 南

続いて図2。

これなら白發をポンしてトイトイにしても良いでしょう。

この場合は、暗刻が1つ(4万)あるので、ポンしてもイーシャンテンのまま。

しかも、残った部分が端寄りの牌(1筒8索)なのでポンしやすいのです。

また、点数もチートイツのみは1600点ですが、図2ならトイトイに役牌で最低でも5200点。

三暗刻になればハネマンの可能性もある手なのです。

チートイツからトイトイにする場合、「暗刻が最低1つあるか」「役牌があるか」「鳴きやすいか」「ドラが余らないか」を考えるようにしましょう。

■暗刻が無いところからはトイトイにしない方が良いでしょう。

■トイトイにするときは点数が高くなるか考えてみましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る