牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 093.早く打つために

093. 早く打つために

麻雀は頭を使うゲームです。

難しい場面で多少考えるのは、仕方がないでしょう。

お互いに難しい手の時はあるのですから、考えているときに「早くしなさいよ」等と急かすのは良くありません。

しかし、マージャンは4人でするものです。

みんなの時間を、一人でたくさん使ってしまうのも考えもの。

時間をかけないで済むところは、テンポよく進めましょう。

そのために、今日は2つのお話しをします。

1つは「ツモってきた牌を手牌に入れないで捨て牌する」ことです。

牌をツモってきたら、まず手牌の右端に置いて、捨て牌をしてから手の内に並べるようにしましょう。

この習慣をつけておくと、何が来たら手牌がどうなるかを頭の中で考える力も付きます。

さらに、図1のような場合、牌を手牌の中に入れると損してしまうのです。

図1

2筒3筒4筒4筒4筒5筒5筒6筒6筒3索4索5索8索8索  ドラ 8索

ちょっと難しい形なので、アガリ牌を手の内に入れてしまいました。

アガリ牌が4筒なら、タンヤオ・ピンフ・ツモ・イーペーコー・ドラ2でハネマンです。

しかし、5筒ではカンチャン待ちなので、ピンフにならずにマンガンの手になります。

「私はこれをツモったの」と言っても、手牌の中に入れてしまうと、相手にはどれをツモって来たのか分からなくなってしまいますね。

そのため、アガリは認められるのですが、一番安いアガリになるように取られてしまうのです(この例の場合、ピンフの役がもらえなくなる)。

もう1つは、「次に切る牌をある程度決めておく」ことです。

自分の番が来る前に、次に捨てる牌をある程度決めておくと良いでしょう。

そして1枚捨てたら、相手が捨て牌をしている間に、また次に何を捨てるかを考えておくようにしましょう。

すると、ツモってから考えることも減らせると思います。

慣れてくると、何が来たら何を捨てるということも考えられるようになれます。

■ツモってきた牌をすぐ手牌に入れないようにしましょう。

■次に切る牌をある程度決めておきましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る