牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 053.チートイツの点数

053. チートイツの点数

前回はピンフツモの点数についてお話しました。(052.ピンフツモの点数

さて、今回はチートイツの点数です。

これも特殊な計算ですが、出てくる数字はいつも同じですので、結果だけ覚えてしまいましょう。

「チートイツの点数の歴史」

昔は、チートイツを「0翻100符」で計算していました。

チップ1枚が100×(2の0乗)=100というわけです。(数学の決まりで2の0乗=1)

しばらくして、1翻しばりというルールができ、チートイツが0翻ではマズイということになりました。

そこで、チートイツは1翻にしようとなったのです。

しかし、100符のままでは高いので半分の「50符」にしました。

こうすると、チップ1枚が50×(2の1乗)=100で、今までと同じになるというわけですね。

さらにその後、マンガン以上のハネマン・倍マンなどができ、チートイツが1翻では低いと2翻になりました。

そして、符を今までの半分の「25符」としました。

チップ1枚が25×(2の2乗)=100。ちょうど100点で今までと同じですね。

こうして、現在のチートイツは「2翻25符」という変な符になったのです。

「チートイツの点数」

しかし「2翻25符」という覚え方をするよりも、チートイツの点数は常に同じ数字が出るので、そちらの数字を覚えてしまう方が良いのです。

計算をすると、チートイツ・バンバンの4翻。符は25符。

チップ1枚が25×(2の4乗)=400ですので、子なら400×4=1600点になります(親なら400×6=2400点)。

「チートイツは1600点(親なら2400点)」

これを覚えてしまいましょう。

「チートイツに他の役が付いたら」

今度はチートイツ以外に、タンヤオやツモ、ドラなどが付いた場合です。

チートイツは、便利なことに役が1つ増えるごとに、点数がちょうど倍々になるのです。(マンガンまでは)

チートイツのみなら、1600点。

1翻増えれば、倍の3200点。

2翻増えれば、さらにその倍で6400点ですね。

(親なら2400・4800・9600)

ツモの場合、メンゼンツモの1翻が増えるので、1600点の倍で3200点。

よって、800・1600(子が800点、親が1600点払う)となります。

■チートイツは1600点と覚えてしまいましょう。

■チートイツ以外に1翻増えるごとに、ちょうど倍々の点数になります。

無料麻雀講座 トップページに戻る