牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 026.4メンツ感覚

026. 4メンツ感覚

マージャンは、基本的に4メンツ1雀頭をそろえるゲームです。

しかし、メンツを「4つ”だけ”作れば良い」ということは、意外と意識されていないことが多いのです。

図1

2万3万3万6万7万1筒2筒3筒4筒5筒8筒8筒6索7索  ドラ 北

例えば図1。

ここから1枚捨てるのですが、何を捨てると良いでしょうか。

どこで4メンツつくるかを考えてみましょう。

まず、マンズは2万3万3万6万7万で2メンツできそうです。

ピンズは、1筒2筒3筒4筒5筒で2メンツ。ソーズは、6索7索で1メンツ。

つまり、計5メンツと、既にメンツの候補が多いのです。

この5メンツ候補は、全てリャンメン以上の良い形なので、ここはメンツ候補を4つに絞って“膨らませる”方が良いでしょう。

“膨らませる”とは、2万3万2万3万3万のように複合形(019.受け入れ枚数)にすることを言います。

図1からは、1筒2筒を捨てて、マンズで2メンツ、ピンズで1メンツ、ソーズで1メンツのタンヤオ・ピンフを狙う方が良さそうです。

図2

1万1万3万8万9万5筒6筒7筒8筒3索3索4索白白  ドラ 9索

逆に、メンツの候補が足りないときや、不充分な部分(ペンチャンやカンチャン)があるときは、“伸ばす”ようにすると良いでしょう。

“伸ばす”とは、図2の5筒6筒7筒8筒のように、連続した数字の牌を持っておいて、近くの牌(4筒6筒7筒9筒など)をくっつけて、もう1メンツ増やすことを言います。

例えば図2でしたら、1万1万3万白白で1メンツとアタマ、8万9万で1メンツ、ピンズとソーズで1メンツずつと見ることもできます。

しかし、あまり良い形でないペンチャン(8万9万)は、もっと良い形と取り替えたいですよね。

ここは、ピンズの5筒6筒7筒8筒を伸ばして、2メンツにすることを考えましょう。

図2からはピンズは捨てずに、3索8万9万を捨てておくと良さそうです。

■メンツは4つだけ作れば良いのです。

■良い形ばかりなら膨らませ、悪い形があれば伸ばしましょう。

無料麻雀講座 トップページに戻る