牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 051.ピンフでないなら

051. ピンフでないなら

たまに、リーチをしてアガったときに「リーチのみだから1000点ね」という声が聞こえることがあります。

さて、この言葉で「あれ?」と思いましたか?

何がおかしいかというと、リーチのみ(リーチ・バンバン)で1000点ということは有り得ないからです。

リーチをしてアガれば、最低1300点になるのです。

なぜならリーチのみということは、ピンフではないということですね。

ピンフとは小符(待ちの形、牌の組み合わせの符)が付かないアガリのこと。

逆を言えば、ピンフでないなら、どこかに必ず小符が付いているということなのです。

基礎20符+メンゼンロン10符+小符で32符以上になるので、切り上げれば40符以上。

よって、最低1300点はあるのです。(ちなみにピンフであっても、リーチをすれば2000点になるので、やはり1300点以上になりますね)

結構、「役が1つならば1000点」と思ってしまっている方が多いようです。

では問題です。

図1の手を2索でロンアガリしました。リーチをしていない場合、何点になるでしょうか。

図1

2万2万3万3万4万4万7筒8筒9筒3索4索中中  ドラ 西

役はイーペーコー・バンバンの3翻。中がアタマより、ピンフになりません。

次に符ですが、「049.12符判別法」でお話した、小符が12符を越えない場合の表を覚えていますか。

コーツが1つ以下の場合、ピンフ以外のメンゼンロンは40符でしたね。

図1の手は、コーツが1つも無く、またピンフでもないので40符です。

正確に計算すれば、基礎20符+メンゼンロン10符+役牌のアタマ2符=32符。これを切り上げて40符。

よって、3翻40符で1300点になります。

■ピンフでないなら、どこかに必ず符が付いています。

■ピンフでないメンゼンロンは、最低40符になります。

無料麻雀講座 トップページに戻る