牌理を学ぶ麻雀理論

(有)イチジャン・ドットコム

トップページ > 戦術部門 > 無料麻雀講座 > 030.ノーチャンスについて

030. ノーチャンスについて

オリているときに、相手の現物(ゲンブツ・相手が捨てている牌)が無くなってしまうことがありますね。

そのようなとき頼るものの1つに“ノーチャンス”があります。

ノーチャンスとは「(自分の手牌と場に出ている牌を合わせて)4枚見えた牌を相手は持っていない」ということを利用して、安全な牌を探す方法のことです。

図1

3万6万4筒7筒7筒7筒8筒8筒8筒8筒4索6索7索8索  ドラ 8筒

例えば図1。

流局間際で、残念ながらもうツモ番がありません。

それなら、たとえドラ4でもノーテンですからロンされない牌を捨てましょう。

実は、図1には全員に必ず安全な牌があるのです。

何だか分かりますか?

答えは、ドラの8筒

なぜなら、ドラが8筒ということは、ドラ表示牌は7筒です。

自分の手と合わせて7筒が4枚見えたので、相手には6筒7筒のリャンメン待ちも7筒9筒のカンチャン待ちも無いことが分かります。

さらに、8筒も4枚持っているので、相手には8筒のシャンポン待ちもタンキ待ちも無いのです。

図1の例は完全な安全牌でしたが、同じように読めばリャンメン待ちには安全とわかることがあります。

例えば、2筒が4枚見えた場合、2筒3筒というリャンメンはできないので、1筒は安全です。(リャンメンに関してだけ言えば)

ただし、4筒5筒6筒と持たれていることもあるので、安全とは言えません。

リャンメンに関しては、4枚見えた「2」「3」「7」「8」の外側(5に遠い方)が安全ということになります。

以下はリャンメン待ちに関する安全牌です。(マンズ・ソーズも同じ)

     2筒 が4枚見えた場合、 1筒 は安全。

     3筒 が4枚見えた場合、 1筒 2筒 は安全。

     4筒 が4枚見えた場合、 2筒 3筒 は安全。

     5筒 が4枚見えた場合、 3筒 7筒 は安全。

     6筒 が4枚見えた場合、 7筒 8筒 は安全。

     7筒 が4枚見えた場合、 8筒 9筒 は安全。

     8筒 が4枚見えた場合、 9筒 は安全になります。

■ノーチャンスから安全牌が見つかることがあります。

■相手は、4枚見えた牌を持っていることはありません。

無料麻雀講座 トップページに戻る